設置工事費用の相場

地デジアンテナを設置するうえで電波強度を確認し、それに見合ったアンテナの種類を確かめたら実際に地デジアンテナを購入して設置すればテレビを見ることができます。地デジアンテナは安いもので数千円、高いものだと5万円ほどですが、一般的に1万円前後の商品で十分です。意外と安い地デジアンテナですが、設置費用がアンテナ代よりも高い場合が多いので事前に確認しておきましょう。

一般的に地デジアンテナは屋外の屋根などに取り付けるため、DIY作業や屋根に上る作業に慣れていない場合は業者に設置作業を依頼するようにしましょう。設置作業は地元の工務店や電気販売店に依頼しますが、一般的に地デジ設置工事の見積もり内容は「アンテナ代」、「設置工事費用」、「ケーブル・支持材」、「分配器」、「ブースター」が計上されます。

アンテナの種類による商品代や分配する数によって異なりますが、見積もり費用の相場は5~10万円となっています。仮に地デジアンテナを1万円の商品にした場合、設置工事費が高いと感じるかもしれませんが、一般的に5万円を切るケースはほとんどありません。また設置する住宅環境によっても金額が異なりますが、きちんと設置するためにはプロに任せたほうが安心できるでしょう。

少しでも設置費用を抑えたい場合には地デジアンテナ代を削るほかありませんが、地デジアンテナは商品値段よりも電波強度にあった商品を選ぶことが重要なため、電波強度に合った商品であれば安価な地デジアンテナでも十分でしょう。

クリニックの特徴

クリニックでの脱毛では、施術方法はレーザー脱毛となります。これは光を照射する方法で、原理自体はサロンのフラッシュ脱毛と同様です。痛みについてはサロンで使用される機器よりも照射力が高いので、比較すると刺激が大きいと言えます。したがって痛みも多少生じます。

料金はサロンよりは高めになります。期間や回数については、2、3か月に1度通い、ワキの場合で5~6回程度、1年~1年半ほどで完了します。施術者は医師などの医療従事者です。お肌のクールダウン、ローションによる保湿に加えて、炎症を抑える薬を処方してくれるクリニックもあります。

レーザー脱毛のメリットは、毛根そのものに働きかけるので、1度処理をすれば再生されないので、ほぼ永久脱毛となるところです。生えてくるとしても、細い産毛程度のものです。施術時間も両ワキでも1回約5分程度と短時間で済みます。また、赤みが発生するなどの万が一の肌トラブルにも迅速な診察と処方が可能になります。どうしても痛みが心配という方には、麻酔クリームなどの使用も可能となる点もメリットと言えます。料金についても価格競争などから以前に比べ安くなってきています。サロンのような勧誘もないので、相談もしやすいと言えるかも知れません。

サロンの特徴

脱毛サロンの派施術方法は、フラッシュ脱毛です。光を照射し、脱毛します。サロンによって方式は変わります。痛みについては、人によって感じ方はあるものの、ほとんど痛みがないという人が多いです。

以前はニードル脱毛といって、毛を1本1本抜くやり方もありましたが、痛みがあり時間もかかるため、今では減ってきています。しかし、永久脱毛の効果は高いです。料金は契約内容によってお得になる場合やキャンペーンによる割引などもあります。期間や回数のおおよその目安は、ワキの場合2~3か月に1度通い、8~12回程度です。1年半~2年ほどの期間となります。部位により異なってきます。施術者はサロンスタッフです。アフターケアとして、お肌のクールダウン、ローションによる保湿などを行ってくれます。

フラッシュ脱毛のメリットは、短時間で広範囲の施術が可能であることです。例えば両ワキを例に挙げると、1回あたりの施術時間はおよそ10分前後です。痛みが少ないこともメリットの1つです。若干熱さを感じることもありますが、ほとんどの場合クーリングダウンしながら行われるので、痛みは非常に少ないです。さらに、美容効果もあります。美顔器などで使われているフォトフェイシャルと同じ光なので、毛穴を引き締め、ツルツルの肌に仕上げてくれます。

全身脱毛の注意点

サロンで行う脱毛の方法とクリニックによる脱毛の方法などについて説明するサイトです。全身脱毛を考える上で、選択肢としては脱毛サロンを利用する場合とクリニックを利用する場合があると思います。

まず、失敗しないための注意点を挙げます。サロン=永久脱毛ができる、というイメージが強いかも知れませんが、サロンでは医療行為が出来ないため、美容ライト脱毛(フラッシュ脱毛)を行います。これは除毛といったことを目的とし、皮膚に負担を与えずに細胞を破壊しない範囲で執り行われます。クリニックでは医療行為が出来るので、出力の高いレーザーを利用した脱毛が可能です。

いずれにせよ、脱毛にはそれなりの期間が必要となります。これは毛周期というものがあるからです。毛周期というのは、初期成長期、後期成長期、退行期、休止期の4段階を経て新旧交代を繰り返すサイクルのことです。光脱毛やレーザーが機能するのはこの中の成長期の毛と後退期の一部の毛のみです。したがって、タイミングをみながら徐々に量を減らしていく必要があります。

また、サロンによって料金設定がかなり異なる場合もあるので、よく比較する必要があります。しかし、金額とサービスの質とのバランスが大事なので、料金だけで判断してしまうのも危険な面があります。総合的に判断するとよいです。そのための一つの指標となるのが口コミなどです。また、友人や知人から話を聞くのも非常に参考になります。